彼氏 結婚 親に言わない, サクラエディタ アンインストール できない, バイク アラーム 傾斜センサー, ヨコモ 広坂 退社, ガジュマル 風水 リビング, マツコ 徘徊 ディズニー 動画, 水苔 虫が わく, パスモ 残金 調べ, ひかりtv For Docomo キャンペーン, Excel Vba フォーカス移動, 看護師 3年目 振り返り レポート, ルコック テニスウェア ワンピース, 子供 自転車 20インチ 女の子 人気, Line ひとこと 恋愛 わかりにくい, Ddタープ 張り方 雨, 個人事業主 賃貸 審査 落ちた, エブリィ ベルト交換 工賃, ハイセンス テレビスピーカー 接続, 阪急今津線 準急 停車駅, アイヌ お土産 札幌, 固定資産税 督促状 いつ, Windows10 Administrator アクセス拒否, 新幹線 コンセント 自由席, 住民税 いつから引かれる 転職, ファミサポ 送迎 車, マドモアゼル 愛 ハマグリン, 大きいサイズ パターン 型紙, 農機具 エンジン ハンチング, 黒 プリントtシャツ コーデ レディース, オン デマンド 講義 大学, 国語 苦手 小学生, ミニトマト 水 耕 栽培 簡単, 和田毅 球 種, " />
Home Media Room

Media Room

windows server 2019 vpn構築 14


※「OG400Xi」のDHCPを有効にしており、「192.168.0.101」から64個分のIPアドレスを発行する設定にしています。そのため、VPN接続時に発行されるIPアドレスは競合しない値で設定しています。ここはご自身の環境に合わせて設定してください。, 再び、サーバー名を右クリックし、「すべてのタスク」-「再起動」をクリックします。 Help us understand the problem. 「ポート」を選択し、「次へ」をクリックします。, 「UDP」を選択後、「特定のローカルポート」に「4500」を入力し、「次へ」をクリックします。, 名前に「VPN通信用(4500)」を入力し、「完了」をクリックします。 まずはクライアントにWindows Serverを利用した場合の構築です。, ※ここからはクライアント用のWindows Serverで実施する作業になります。, 次にWindows7端末をクライアントとして利用した場合の構築についても記載します。 「Netperf」を利用し、TCPでの転送性能と、UDPでの 64, 128, 256, 512, 1024, 1280, 1518 バイトでの転送性能を測定しています。, VPNゲートウェイに比べると若干性能は落ちますが、TCP性能で平均400Mbps程度なので十分実用可能な性能が出ているのではないでしょうか。 ※性能については、ベストエフォートでのサービス提供となるため、保証するわけではありません。, 今回は「Windows ServerでリモートアクセスVPN環境を実装してみる」をお送りしました。 また、ニフティクラウドのファイアウォールは適切に設定しています。, リモートアクセスのインストールまで完了したので、実際にVPNサーバーとしての設定を実施します。, サーバーマネージャーを起動すると右上に表示される「!マーク」をクリックし、ポップアップにある「作業の開始ウィザードを表示する」をクリックします。, 「リモートアクセスの構築」画面で「VPNのみを展開します(V)」をクリックします。, その後、ルーティングとリモートアクセスのサービスを開始するポップアップが表示されるため「サービスの開始」をクリックします。, 次にVPNトンネルの設定を行います。 以上でVPN設定は完了です。, サーバーマネージャの「ツール」-「セキュリティが強化されたWindows Defenderファイアウォール」をクリックします。, 「受信の規則」の「新しい規則」をクリックします。 通常のWindows Serverの機能だけでリモートアクセスVPNの環境を実装することができました。 こんにちは、ニフティクラウドテクニカルアカウントチームです。 Configure DNS and firewall settings for Always On VPN, 以前のバージョンのドキュメント. https://support.microsoft.com/ja-jp/help/926179/how-to-configure-an-l2tp-ipsec-server-behind-a-nat-t-device-in-windows, you can read useful information later efficiently. サインイン情報の種類: ユーザー名とパスワード サーバーまたはアドレス: xxx.xxx.xxx.xxx ※固定IPアドレス 「ダイヤルイン」タブを開き、「リモートアクセス許可」の「アクセスを許可」を選択し、「OK」をクリックします。, リモート接続の設定を行う前に、社内LAN経由ではないインターネット接続ができる状態にします。(例:自宅からネット接続、WiMAXなど) ※設定を反映するために再起動が必要ですが、ネットに数分接続できなくなりますので注意してください。, サーバーマネージャを起動し、「役割と機能の追加」をクリックします。 (IPアドレスの設定、ファイアウォール設定など), サーバーマネージャーの「役割と機能の追加」から「リモートアクセス」の役割を追加します。基本的には画面に従って進んでいけばOKです。, 「ルーティングとリモートアクセス」の画面で対象のサーバーを右クリックし、「ルーティングとリモートアクセスの構築と有効化(C)」を選択します。, 「ルーティングとリモートアクセスサーバーのセットアップウィザード」の画面が表示されるので、「次へ(N)」をクリックします。, 「構成」の画面で、今回は「カスタム構成(C)」を選択し、「次へ(N)」をクリックします。, 「カスタム構成」画面が出力されるので、「VPNアクセス(V)」にチェックを入れて「次へ(N)」をクリックします。, 「ルーティングとリモートアクセスサーバーのセットアップウィザードの完了」と表示されるので、「完了」をクリックします。, 「ダイヤルイン」タブの「リモートアクセス許可」の設定で「アクセスを許可(W)」を選択し、「OK」をクリックします。, 「セキュリティ」タブの「カスタム IPsecポリシーをL2TP/IKEv2接続で許可する(L)」にチェックを入れ、事前共有キー(K)を設定し「OK」をクリックします。, 「...ルーティングとリモートアクセスを再起動する必要があります」とポップアップが出力されるので、「OK」をクリックします。, 設定を反映させるため、対象のサーバーを右クリックし、「すべてのタスク(K)」内の「再起動(E)」をクリックしてサービスを再起動します。, 「インターネットアドレス(I)」と「接続先の名前(E)」を入力し、「作成(C)」をクリックします。インターネットアドレスは接続先VPNサーバーのグローバルIPアドレスを指定し、接続先の名前は任意で設定します。, 「セキュリティ」タブの「VPNの種類(T)」を「自動」から「IPsecを利用したレイヤー 2トンネリング プロトコル(L2TP/IPSec)」へ変更し、「詳細設定(S)」をクリックします。, 「詳細プロパティ」の画面でVPNサーバー構築で設定した「事前共有キー」を入力し、「OK」をクリックします(今回は「L2TPWindows」)。, 「ネットワーク」タブの「インターネット プロトコル バージョン4 (TCP/IPx4)」を選択し、「プロパティ(R)」をクリックします。, 「IP設定」タブの「リモートネットワークでデフォルトゲートウェイを使う(U)」のチェックを外します。, コントロールパネルの「ネットワークと共有センター」から「新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリックします。, 「接続またはインターネットのセットアップ」ウィザードが起動するので、「職場に接続します」を選択し、「次へ(N)」をクリックします。, 「既存の接続を使用しますか?」の画面が表示されるので、「いいえ、新しい環境を作成します(C)」を選択し、「次へ(N)」をクリックします。, 「インターネット アドレス(I)」と「接続先の名前(E)」を入力し、「今は接続しない。自分が後で接続できるようにセットアップのみを行う(D)」にチェックを入れ、「次へ(N)」をクリックします。接続先の名前は任意でOKです。, 「ユーザー名(U)」と「パスワード(P)」を入力し、「作成(C)」をクリックします。, 「セキュリティ」タブを開き、「VPNの種類(T)」を「自動」から「IPsecを利用したレイヤー2トンネリング プロトコル(L2TP/IPsec)」に変更し、「詳細設定(S)」をクリックします。, 事前認証キー(K)を入力し、「OK」をクリックします。VPNサーバー構築時に設定した事前共有キーを記入します(今回は「L2TPWindows」)。, 「インターネット プロトコル バージョン4(TCP/IPv4)」を選択し、「プロパティ(R)」をクリックします。, 「リモートネットワークでデフォルト ゲートウェイを使う(U)」のチェックを外し、「OK」をクリックします。, Netperfクライアント(Windows Server)にログインし、コントロールパネル-ネットワークとインターネット-ネットワーク接続を開き、「VPN-L2TP」を右クリックし、「接続/切断(O)」をクリックします。, コマンドプロンプトを起動し、「ipconfig /all」を入力します。VPN-L2TPのIPv4のアドレスが、サーバー構築時に設定した「192.168.1.101~105」の間である192.168.1.102となっていることがわかります。, コマンドプロンプトを起動し、NetperfServer(Windows Server)(192.168.1.33)に疎通できることをpingを使って確認します。, ルーティングとリモートアクセスを開き「リモートアクセスクライアント」をクリックします。中央ペインの対象のクライアント名を右クリックし、「状態(S)」をクリックします。, ネットワーク登録のIPアドレスがNetperfクライアント(Windows Server)で確認したIPv4の内容と一致していることがわかります。, 端末のネットワークの接続を開き、「VPN-接続検証」を右クリックし、「接続(O)」をクリックします。, 「VPN-接続検証へ接続」の画面が出力されるので、「ユーザー名(U)」と「パスワード(P)」を入力し、「接続(C)」をクリックします。, コマンドプロンプトを開き、「ipconfig /all」を入力しすると、端末で作成した「VPN-接続検証」のIPv4アドレスがサーバー構築時に設定した「192.168.1.101~105」の間の192.168.1.103で振られていることがわかります。, 端末でコマンドプロンプトを開き、Netperfサーバー(Windows Server)(192.168.1.33)に疎通できることをpingを使って確認します。. (B) ・・・ 192.168.0.1 (ルーターのLAN側IPアドレス) Windows ServerにリモートデスクトップやFTPS等の設定をしておけば、VPN経由でサーバー内のデータにアクセスすることができるようになります。. パスワード: ※登録したパスワード ※ここでニフティクラウド側で作成したプライベートLANで設定したCIDR内のIPアドレスで範囲を指定します。VPN接続したクライアントはここで指定した範囲のIPアドレスを利用することになります。, 設定を反映させるため、対象のサーバーを右クリックし、「すべてのタスク(K)」内の「再起動(E)」をクリックします。, ここまででVPNサーバーの基本的な構築が完了しました。 リモートからアクセスする際にセキュアに接続できる環境を作りたい場合の選択肢の一つになるのではないでしょうか。, ※注意事項 それなりに長いですが、比較的容易に設定が可能かと思います。, 次にVPNクライアントの構築を行います。 By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away.

彼氏 結婚 親に言わない, サクラエディタ アンインストール できない, バイク アラーム 傾斜センサー, ヨコモ 広坂 退社, ガジュマル 風水 リビング, マツコ 徘徊 ディズニー 動画, 水苔 虫が わく, パスモ 残金 調べ, ひかりtv For Docomo キャンペーン, Excel Vba フォーカス移動, 看護師 3年目 振り返り レポート, ルコック テニスウェア ワンピース, 子供 自転車 20インチ 女の子 人気, Line ひとこと 恋愛 わかりにくい, Ddタープ 張り方 雨, 個人事業主 賃貸 審査 落ちた, エブリィ ベルト交換 工賃, ハイセンス テレビスピーカー 接続, 阪急今津線 準急 停車駅, アイヌ お土産 札幌, 固定資産税 督促状 いつ, Windows10 Administrator アクセス拒否, 新幹線 コンセント 自由席, 住民税 いつから引かれる 転職, ファミサポ 送迎 車, マドモアゼル 愛 ハマグリン, 大きいサイズ パターン 型紙, 農機具 エンジン ハンチング, 黒 プリントtシャツ コーデ レディース, オン デマンド 講義 大学, 国語 苦手 小学生, ミニトマト 水 耕 栽培 簡単, 和田毅 球 種,


back to release list