, "org.springframework.security.web.access.DelegatingAccessDeniedHandler", "org.springframework.security.web.csrf.InvalidCsrfTokenException", "org.springframework.security.web.access.AccessDeniedHandlerImpl", "org.springframework.security.web.csrf.MissingCsrfTokenException", "org.terasoluna.gfw.security.web.logging.UserIdMDCPutFilter", org.springframework.security.authentication.AuthenticationProvider, org.springframework.security.authentication.dao.DaoAuthenticationProvider, src/main/java/com/example/security/app/login/LoginController.java, org.springframework.stereotype.Controller, org.springframework.web.bind.annotation.GetMapping, org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping, src/main/webapp/WEB-INF/views/login/loginForm.html, "exception = ${SPRING_SECURITY_LAST_EXCEPTION} ? http://www.springframework.org/schema/security * ... Spring Security の 要素をアプリケーションコンテキストに追加しましたが、Spring MVC コントローラー Bean(Struts アクションなど)にセキュリティアノテーションを追加しても効果はないようです。 Spring Securityは、Spring Frameworkの1つで「認証」と「認可」を実装するための仕組みになります。まずは認証と認可の説明と、Spring Securityの導入について簡単に説明をします。 document.write(d.getFullYear()); VMware, Inc. or its affiliates. AbstractSecurityWebApplicationInitializer と Spring MVC, 18.2.1. It is the de-facto standard for securing Spring-based applications. セッション管理の話 このクラスを継承して configure(HttpSecurity) などのメソッドをオーバーライドすることで、構築される SecurityFilterChain を任意にカスタマイズすることができる。, 引数で受け取る HttpSecurity が、 namespace でいう タグに対応している。 AuthenticationManager、ProviderManager、および AuthenticationProvider, 10.6.1. このクラスも @Configuration でアノテートされた設定クラスになっている。, AbstractSecurityWebApplicationInitializer.DEFAULT_FILTER_NAME の値は "springSecurityFilterChain" になっている。 このタグを使用することで、 Spring Security の設定をこのファイル上で行うことができる。, タグを定義すると、自動的にコンテナにいくつかの Bean が登録される。 and() メソッドは HttpSecurity を返すので、メソッドチェーンを途切れさせることなく次の設定を続けることができる。, AuthenticationManagerBuilder は AuthenticationManager 以下のクラスを定義するためのサポートクラスで、上記実装のようにメソッドチェーンを使って UserDetailsService などを定義することができる。, ちなみに、 AuthenticationManagerBuilder を使わずに直接 Bean を定義するメソッドを宣言しても良い。, ※図を見やすくするため、意図的にメソッドの呼び出しや表記を省略しています(doBuild() とか)。 DelegatingSecurityContextRunnable, 15.3.2. 11.4.1.1. このインターフェースには、ユーザーの詳細な情報にアクセスするための Getter メソッドなどが定義されている。, name, password, authorities 属性でユーザーを識別するための名前、パスワード、権限を指定することができる。, DelegatingFilterProxy をサーブレットフィルタとして web.xml に定義する。 テストの話 の)異なる intercept-url 制約を適用する方法, UserDetailsService でユーザーの IP アドレス(または他の Web リクエストデータ)にアクセスするにはどうすればよいですか?, UserDetailsService から HttpSession にアクセスするにはどうすればよいですか?, UserDetailsService でユーザーのパスワードにアクセスするにはどうすればよいですか?, LDAP に対して認証するが、データベースからユーザーロールをロードするにはどうすればよいですか?, 名前空間によって作成された Bean のプロパティを変更したいのですが、スキーマにはそれをサポートするものが何, 22.1. Windows ® and Microsoft ® Azure are registered trademarks of Microsoft Corporation. Created using, classpath*:META-INF/spring/spring-security.xml, "http://www.springframework.org/schema/beans", "http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance", "http://www.springframework.org/schema/security", "http://www.springframework.org/schema/context", "http://www.springframework.org/schema/security, http://www.springframework.org/schema/security/spring-security.xsd, http://www.springframework.org/schema/beans, http://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans.xsd, http://www.springframework.org/schema/context, http://www.springframework.org/schema/context/spring-context.xsd", TERASOLUNA Global Framework Development Guideline 1.0.0.publicreview documentation. アプリケーションを動かすためにどのような設定が必要なのかを理解しておくことを推奨する。, アプリケーションを動かすために必要な設定(設定ファイル)の解説については、 6. Remember-Me の話 これで、 で定義した URL にアクセスがあると、 Spring Security が適用されるようになる。, DelegatingFilterProxy は、自身の に設定された名前を使って Spring コンテナから javax.servlet.Filter を実装した Bean を取得する。 SecurityMockMvcRequestPostProcessors, Spring MVC テストで RequestPostProcessor を使用してユーザーとして実行する, Spring Security はすべてのアプリケーションセキュリティ要件を処理しますか?, どの Java および Spring Framework バージョンが必要ですか?, Spring Security を初めて使用します。HTTPS を介した CAS シングルサインオンをサポートし、特定の URL に対して基本認証をローカルで許可し、複数のバックエンドユーザー情報ソース(LDAP および JDBC)に対して認証するアプリケーションを構築する必要があります。見つけたいくつかの構成ファイルをコピーしましたが、機能, ログインしようとすると、「不正な資格情報」というエラーメッセージが表示されます。どうしてでしょうか?, 「アクセスが拒否されます(ユーザーは匿名です);」というメッセージで例外が発生します。どうしてでしょうか?, アプリケーションからログアウトした後でも、保護されたページが表示されるのはなぜですか?, 「SecurityContext で認証オブジェクトが見つかりませんでした」というメッセージで例外が発生します。どうしてでしょうか?, Spring Security の同時セッション制御を使用して、ユーザーが一度に複数回ログインするのを防, Spring Security で認証すると、セッション ID が変わるのはなぜですか?, Tomcat(または他のサーブレットコンテナー)を使用しており、ログインページで HTTPS を有効にし、その後 HTTP に戻, 同時セッション制御サポートを使用しようとしていますが、ログアウトしていて許可されたセッションを超えていないと確信しても、再度ログイン, Spring Security は、create-session 属性を never に設定することにより、設定していないにもかかわらず、どこかにセッションを作成, RequestDispatcher を使用してリクエストを別の URL に転送していますが、セキュリティ上の制約は適用, Spring Security の 要素をアプリケーションコンテキストに追加しましたが、Spring MVC コントローラー Bean(Struts アクションなど)にセキュリティアノテーションを追加しても効果, 確実に認証されたユーザーがいますが、リクエスト中に SecurityContextHolder にアクセスしようとすると、認証が null, 認可 JSP タグは、URL 属性を使用するときにメソッドセキュリティアノテーションを考慮, Spring Security で動作するためにアプリケーションに追加する依存関係を知るにはどうすればよいですか?, 組み込み ApacheDS LDAP サーバーを実行するには、どのような依存関係が必要ですか?, リクエストされた URL のフラグメント値のみが異なる(たとえば、/ foo#bar と /foo#blah? spring-web-x.x.x.RELEASE.jar の org/springframework/web/context/ContextLoader.properties に以下のように定義されていて、サーブレットコンテナが初期化されるときに ContextLoaderListener が読み込んでる。, XmlWebApplicationContext は、デフォルトで WEB-INF/applicationContext.xml を設定ファイルとして読み込む。, applicationContext.xml 自体は Spring の Bean 定義をするための標準的な設定ファイルで、 Spring Security 用の特別な設定ファイルというわけではない。, xmlns で http://www.springframework.org/schema/security を読み込むことで、 Spring Security 用のタグが使用できるようになる(リファレンスでは、この Spring Security 専用のタグを使うことを namespace と呼んでいる)。 このクラスは Spring Security の処理の入り口となる。, SecurityFilterChain は、それ自体はただのインターフェースで、実装クラスとしては DefaultSecurityFilterChain がコンテナに登録される。 SecurityFilterChain は、名前の通りセキュリティ機能を持つ javax.servlet.Filter をチェイン(連鎖)させるもので、複数の Filter を内部に保持する。 その中でも重要な Bean として、次の2つのクラスがある。, FilterChainProxy は、 "springSecurityFilterChain" という Bean 名でコンテナに登録される。 : ${session[SPRING_SECURITY_LAST_EXCEPTION]}", org.springframework.security.web.authentication.SimpleUrlAuthenticationFailureHandler, src/main/webapp/WEB-INF/views/welcome/home.html, "|The time on the server is ${serverTime}.|", org.springframework.security.core.Authentication, src/main/java/com/example/security/app/account/AccountController.java, org.springframework.security.core.annotation.AuthenticationPrincipal, com.example.security.domain.service.userdetails.SampleUserDetails, src/main/webapp/WEB-INF/views/account/view.html, src/main/resources/META-INF/spring/spring-mvc.xml, "http://www.springframework.org/schema/context", "http://www.springframework.org/schema/mvc", "http://www.springframework.org/schema/util", "http://www.springframework.org/schema/aop", "http://www.springframework.org/schema/mvc https://www.springframework.org/schema/mvc/spring-mvc.xsd, http://www.springframework.org/schema/util https://www.springframework.org/schema/util/spring-util.xsd, http://www.springframework.org/schema/context https://www.springframework.org/schema/context/spring-context.xsd, http://www.springframework.org/schema/aop https://www.springframework.org/schema/aop/spring-aop.xsd, "classpath*:/META-INF/spring/*.properties", "org.springframework.data.web.PageableHandlerMethodArgumentResolver", "org.springframework.security.web.method.annotation.AuthenticationPrincipalArgumentResolver", "/resources/,classpath:META-INF/resources/", "org.terasoluna.gfw.web.logging.TraceLoggingInterceptor", "org.terasoluna.gfw.web.token.transaction.TransactionTokenInterceptor", "org.terasoluna.gfw.web.codelist.CodeListInterceptor", "org.thymeleaf.spring5.view.ThymeleafViewResolver", "org.thymeleaf.spring5.templateresolver.SpringResourceTemplateResolver", "org.thymeleaf.spring5.SpringTemplateEngine", "org.thymeleaf.extras.springsecurity5.dialect.SpringSecurityDialect", "org.thymeleaf.extras.java8time.dialect.Java8TimeDialect", "org.terasoluna.gfw.web.mvc.support.CompositeRequestDataValueProcessor", "org.springframework.security.web.servlet.support.csrf.CsrfRequestDataValueProcessor", "org.terasoluna.gfw.web.token.transaction.TransactionTokenRequestDataValueProcessor", "org.terasoluna.gfw.web.exception.SystemExceptionResolver",
Home Media Room

Media Room

spring security とは 4


Spring Security 4.1で追加されたCookieCsrfTokenRepositoryですが、CookieのパスにはWebアプリケーションのコンテキストパスが固定で設定される仕組みになっていました。Spring Security 4.2からは、Cookieのパスに設定する値を明示的に指定することができるようになります。 http://www.springframework.org/schema/util ThymeleafのテンプレートHTMLからログインユーザーのアカウント情報へアクセス, 11.4.4.2.6. TERASOLUNA Global Frameworkによるセキュリティ対策. username=", src/main/java/com/example/security/domain/service/userdetails/SampleUserDetails.java, com.example.security.domain.service.userdetails, org.springframework.security.core.authority.AuthorityUtils, org.springframework.security.core.userdetails.User, org.springframework.security.core.userdetails.UserDetails, src/main/java/com/example/security/domain/service/userdetails/SampleUserDetailsService.java, org.springframework.security.core.userdetails.UserDetailsService, org.springframework.security.core.userdetails.UsernameNotFoundException, com.example.security.domain.service.account.AccountSharedService, src/main/resources/META-INF/spring/first-springsecurity-env.xml, "classpath:/database/${database}-schema.sql", "classpath:/database/${database}-dataload.sql", src/main/resources/database/H2-schema.sql, src/main/resources/database/H2-dataload.sql, '{pbkdf2}1dd84f42a7a9a173f8f806d736d34939bed6a36e2948e8bfe88801ee5e6e61b815efc389d03165a4', org.springframework.security.crypto.password.DelegatingPasswordEncoder, src/main/resources/META-INF/spring/spring-security.xml, "http://www.springframework.org/schema/beans", "http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance", "http://www.springframework.org/schema/security", http://www.springframework.org/schema/security https://www.springframework.org/schema/security/spring-security.xsd, http://www.springframework.org/schema/beans https://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans.xsd, , "org.springframework.security.web.access.DelegatingAccessDeniedHandler", "org.springframework.security.web.csrf.InvalidCsrfTokenException", "org.springframework.security.web.access.AccessDeniedHandlerImpl", "org.springframework.security.web.csrf.MissingCsrfTokenException", "org.terasoluna.gfw.security.web.logging.UserIdMDCPutFilter", org.springframework.security.authentication.AuthenticationProvider, org.springframework.security.authentication.dao.DaoAuthenticationProvider, src/main/java/com/example/security/app/login/LoginController.java, org.springframework.stereotype.Controller, org.springframework.web.bind.annotation.GetMapping, org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping, src/main/webapp/WEB-INF/views/login/loginForm.html, "exception = ${SPRING_SECURITY_LAST_EXCEPTION} ? http://www.springframework.org/schema/security * ... Spring Security の 要素をアプリケーションコンテキストに追加しましたが、Spring MVC コントローラー Bean(Struts アクションなど)にセキュリティアノテーションを追加しても効果はないようです。 Spring Securityは、Spring Frameworkの1つで「認証」と「認可」を実装するための仕組みになります。まずは認証と認可の説明と、Spring Securityの導入について簡単に説明をします。 document.write(d.getFullYear()); VMware, Inc. or its affiliates. AbstractSecurityWebApplicationInitializer と Spring MVC, 18.2.1. It is the de-facto standard for securing Spring-based applications. セッション管理の話 このクラスを継承して configure(HttpSecurity) などのメソッドをオーバーライドすることで、構築される SecurityFilterChain を任意にカスタマイズすることができる。, 引数で受け取る HttpSecurity が、 namespace でいう タグに対応している。 AuthenticationManager、ProviderManager、および AuthenticationProvider, 10.6.1. このクラスも @Configuration でアノテートされた設定クラスになっている。, AbstractSecurityWebApplicationInitializer.DEFAULT_FILTER_NAME の値は "springSecurityFilterChain" になっている。 このタグを使用することで、 Spring Security の設定をこのファイル上で行うことができる。, タグを定義すると、自動的にコンテナにいくつかの Bean が登録される。 and() メソッドは HttpSecurity を返すので、メソッドチェーンを途切れさせることなく次の設定を続けることができる。, AuthenticationManagerBuilder は AuthenticationManager 以下のクラスを定義するためのサポートクラスで、上記実装のようにメソッドチェーンを使って UserDetailsService などを定義することができる。, ちなみに、 AuthenticationManagerBuilder を使わずに直接 Bean を定義するメソッドを宣言しても良い。, ※図を見やすくするため、意図的にメソッドの呼び出しや表記を省略しています(doBuild() とか)。 DelegatingSecurityContextRunnable, 15.3.2. 11.4.1.1. このインターフェースには、ユーザーの詳細な情報にアクセスするための Getter メソッドなどが定義されている。, name, password, authorities 属性でユーザーを識別するための名前、パスワード、権限を指定することができる。, DelegatingFilterProxy をサーブレットフィルタとして web.xml に定義する。 テストの話 の)異なる intercept-url 制約を適用する方法, UserDetailsService でユーザーの IP アドレス(または他の Web リクエストデータ)にアクセスするにはどうすればよいですか?, UserDetailsService から HttpSession にアクセスするにはどうすればよいですか?, UserDetailsService でユーザーのパスワードにアクセスするにはどうすればよいですか?, LDAP に対して認証するが、データベースからユーザーロールをロードするにはどうすればよいですか?, 名前空間によって作成された Bean のプロパティを変更したいのですが、スキーマにはそれをサポートするものが何, 22.1. Windows ® and Microsoft ® Azure are registered trademarks of Microsoft Corporation. Created using, classpath*:META-INF/spring/spring-security.xml, "http://www.springframework.org/schema/beans", "http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance", "http://www.springframework.org/schema/security", "http://www.springframework.org/schema/context", "http://www.springframework.org/schema/security, http://www.springframework.org/schema/security/spring-security.xsd, http://www.springframework.org/schema/beans, http://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans.xsd, http://www.springframework.org/schema/context, http://www.springframework.org/schema/context/spring-context.xsd", TERASOLUNA Global Framework Development Guideline 1.0.0.publicreview documentation. アプリケーションを動かすためにどのような設定が必要なのかを理解しておくことを推奨する。, アプリケーションを動かすために必要な設定(設定ファイル)の解説については、 6. Remember-Me の話 これで、 で定義した URL にアクセスがあると、 Spring Security が適用されるようになる。, DelegatingFilterProxy は、自身の に設定された名前を使って Spring コンテナから javax.servlet.Filter を実装した Bean を取得する。 SecurityMockMvcRequestPostProcessors, Spring MVC テストで RequestPostProcessor を使用してユーザーとして実行する, Spring Security はすべてのアプリケーションセキュリティ要件を処理しますか?, どの Java および Spring Framework バージョンが必要ですか?, Spring Security を初めて使用します。HTTPS を介した CAS シングルサインオンをサポートし、特定の URL に対して基本認証をローカルで許可し、複数のバックエンドユーザー情報ソース(LDAP および JDBC)に対して認証するアプリケーションを構築する必要があります。見つけたいくつかの構成ファイルをコピーしましたが、機能, ログインしようとすると、「不正な資格情報」というエラーメッセージが表示されます。どうしてでしょうか?, 「アクセスが拒否されます(ユーザーは匿名です);」というメッセージで例外が発生します。どうしてでしょうか?, アプリケーションからログアウトした後でも、保護されたページが表示されるのはなぜですか?, 「SecurityContext で認証オブジェクトが見つかりませんでした」というメッセージで例外が発生します。どうしてでしょうか?, Spring Security の同時セッション制御を使用して、ユーザーが一度に複数回ログインするのを防, Spring Security で認証すると、セッション ID が変わるのはなぜですか?, Tomcat(または他のサーブレットコンテナー)を使用しており、ログインページで HTTPS を有効にし、その後 HTTP に戻, 同時セッション制御サポートを使用しようとしていますが、ログアウトしていて許可されたセッションを超えていないと確信しても、再度ログイン, Spring Security は、create-session 属性を never に設定することにより、設定していないにもかかわらず、どこかにセッションを作成, RequestDispatcher を使用してリクエストを別の URL に転送していますが、セキュリティ上の制約は適用, Spring Security の 要素をアプリケーションコンテキストに追加しましたが、Spring MVC コントローラー Bean(Struts アクションなど)にセキュリティアノテーションを追加しても効果, 確実に認証されたユーザーがいますが、リクエスト中に SecurityContextHolder にアクセスしようとすると、認証が null, 認可 JSP タグは、URL 属性を使用するときにメソッドセキュリティアノテーションを考慮, Spring Security で動作するためにアプリケーションに追加する依存関係を知るにはどうすればよいですか?, 組み込み ApacheDS LDAP サーバーを実行するには、どのような依存関係が必要ですか?, リクエストされた URL のフラグメント値のみが異なる(たとえば、/ foo#bar と /foo#blah? spring-web-x.x.x.RELEASE.jar の org/springframework/web/context/ContextLoader.properties に以下のように定義されていて、サーブレットコンテナが初期化されるときに ContextLoaderListener が読み込んでる。, XmlWebApplicationContext は、デフォルトで WEB-INF/applicationContext.xml を設定ファイルとして読み込む。, applicationContext.xml 自体は Spring の Bean 定義をするための標準的な設定ファイルで、 Spring Security 用の特別な設定ファイルというわけではない。, xmlns で http://www.springframework.org/schema/security を読み込むことで、 Spring Security 用のタグが使用できるようになる(リファレンスでは、この Spring Security 専用のタグを使うことを namespace と呼んでいる)。 このクラスは Spring Security の処理の入り口となる。, SecurityFilterChain は、それ自体はただのインターフェースで、実装クラスとしては DefaultSecurityFilterChain がコンテナに登録される。 SecurityFilterChain は、名前の通りセキュリティ機能を持つ javax.servlet.Filter をチェイン(連鎖)させるもので、複数の Filter を内部に保持する。 その中でも重要な Bean として、次の2つのクラスがある。, FilterChainProxy は、 "springSecurityFilterChain" という Bean 名でコンテナに登録される。 : ${session[SPRING_SECURITY_LAST_EXCEPTION]}", org.springframework.security.web.authentication.SimpleUrlAuthenticationFailureHandler, src/main/webapp/WEB-INF/views/welcome/home.html, "|The time on the server is ${serverTime}.|", org.springframework.security.core.Authentication, src/main/java/com/example/security/app/account/AccountController.java, org.springframework.security.core.annotation.AuthenticationPrincipal, com.example.security.domain.service.userdetails.SampleUserDetails, src/main/webapp/WEB-INF/views/account/view.html, src/main/resources/META-INF/spring/spring-mvc.xml, "http://www.springframework.org/schema/context", "http://www.springframework.org/schema/mvc", "http://www.springframework.org/schema/util", "http://www.springframework.org/schema/aop", "http://www.springframework.org/schema/mvc https://www.springframework.org/schema/mvc/spring-mvc.xsd, http://www.springframework.org/schema/util https://www.springframework.org/schema/util/spring-util.xsd, http://www.springframework.org/schema/context https://www.springframework.org/schema/context/spring-context.xsd, http://www.springframework.org/schema/aop https://www.springframework.org/schema/aop/spring-aop.xsd, "classpath*:/META-INF/spring/*.properties", "org.springframework.data.web.PageableHandlerMethodArgumentResolver", "org.springframework.security.web.method.annotation.AuthenticationPrincipalArgumentResolver", "/resources/,classpath:META-INF/resources/", "org.terasoluna.gfw.web.logging.TraceLoggingInterceptor", "org.terasoluna.gfw.web.token.transaction.TransactionTokenInterceptor", "org.terasoluna.gfw.web.codelist.CodeListInterceptor", "org.thymeleaf.spring5.view.ThymeleafViewResolver", "org.thymeleaf.spring5.templateresolver.SpringResourceTemplateResolver", "org.thymeleaf.spring5.SpringTemplateEngine", "org.thymeleaf.extras.springsecurity5.dialect.SpringSecurityDialect", "org.thymeleaf.extras.java8time.dialect.Java8TimeDialect", "org.terasoluna.gfw.web.mvc.support.CompositeRequestDataValueProcessor", "org.springframework.security.web.servlet.support.csrf.CsrfRequestDataValueProcessor", "org.terasoluna.gfw.web.token.transaction.TransactionTokenRequestDataValueProcessor", "org.terasoluna.gfw.web.exception.SystemExceptionResolver",