�Q,�|(N�;�۴��4��"JΛ4��ॺW���h/Bm��[n�4�_�i� /��C��T��O� ����`-�n�&��$ ��O�C� � I�/9J.��e�֋����%j�6d߈��. E���˦ɷ�F��'����~�?w?����u%����8E��vAb���k[W�dK�� �E�L��'C���ɾ�����ؓBG$v_γ� {����)U�t�|?���MSv5�t~�x��q%��|� 4�a�g|���7'�W��ѻ�����F?-�WJ�\�Y(Apd��]�u ��{��@�Wq4#K���k-Y�4h��QK�ț0�C����%����QB��m La[F! %%EOF 0000004387 00000 n @ <> trailer << /Size 54 /Info 12 0 R /Root 15 0 R /Prev 80374 /ID[<5b41c4402168803c1b5b0ff2dbb0c4c0>] >> startxref 0 %%EOF 15 0 obj << /Type /Catalog /Pages 11 0 R /Metadata 13 0 R /PageLabels 10 0 R >> endobj 52 0 obj << /S 111 /L 216 /Filter /FlateDecode /Length 53 0 R >> stream 0000007476 00000 n endobj 0000003814 00000 n 調製した標準液のファクターは 例:日本薬局方容量分析用標準液0.5 mol/L 塩酸 1000 ×標準物質の秤量値(g) 対応量(mg)×標準液の滴定量(mL) f = ・・ただし,プロ向けの計算式でお薦めしません 11 標定による標準液のファクター算出 指示薬 2) 間接法 %PDF-1.3 %���� ブログを報告する. 92 0 obj [ 750 750 278 278 355 556 556 889 667 191 333 333 389 584 278 333 278 278 556 556 556 556 556 556 556 556 556 556 278 278 584 584 584 556 1015 667 667 722 722 667 611 778 722 278 500 667 556 833 722 778 667 778 722 667 611 722 667 944 667 667 611 278 278 278 469 556 333 556 556 500 556 556 278 556 556 222 222 500 222 833 556 556 556 556 333 500 278 556 500 722 500 500 500 334 260 334 584 750 556 750 222 556 333 1000 556 556 333 1000 667 333 1000 750 611 750 750 222 222 333 333 350 556 1000 333 1000 500 333 944 750 500 667 278 333 556 556 556 556 260 556 333 737 370 556 584 333 737 552 400 549 333 333 333 576 537 333 333 333 365 556 834 834 834 611 667 667 667 667 667 667 1000 722 667 667 667 667 278 278 278 278 722 722 778 778 778 778 778 584 778 722 722 722 722 667 667 611 556 556 556 556 556 556 889 500 556 556 556 556 278 278 278 278 556 556 556 556 556 556 556 549 611 556 556 556 556 500 556 500] 0000010981 00000 n <> <> 0000002747 00000 n 0000001612 00000 n startxref 0000002471 00000 n 0000019696 00000 n 0000008753 00000 n 0000002690 00000 n 0000002336 00000 n 0000148770 00000 n 0000001147 00000 n H���K��F���}LS�~U�0oB��@X���fl��z���WK�y$�܂�Q����W�~���:O>:I�T\�D�ngSI�������>�7��О� _~y�8;w�w���m�3��s"v�2�� 0000009554 00000 n 0000006953 00000 n 0000004104 00000 n 84 12 %PDF-1.6 %���� 0000006057 00000 n <> 正確に濃度が分かっていなければならないので、 molは、分子の数をひとかたまりとして数えてる単位です。 {���B�A�= m�Z���r^T���ObT���ԑN2/�\� �,�I������(c#}�2DžrgG� *�������j��z��d�npLX�R�M^0��aW(�5ji��ynD���H ��x�RM�.�f� J�� 0000001928 00000 n 95 0 obj 0000008528 00000 n 分子6.02✕10^23個を1molとして扱います。 %PDF-1.4 93 0 obj endobj <> 0000001124 00000 n 0000001240 00000 n 0000002204 00000 n 0000004125 00000 n を表すための倍率, 例えば1mol/L塩酸(f=1.01)と表記されていたら、 endobj <> 0000009332 00000 n <>/ProcSet[/PDF/Text]>> 0000010059 00000 n endstream 14 0 obj << /Linearized 1 /O 16 /H [ 1240 296 ] /L 80782 /E 67617 /N 3 /T 80384 >> endobj xref 14 40 0000000016 00000 n 16 0 obj <> endobj 0000002711 00000 n <> 1 0 obj <> endobj stream 0000062316 00000 n 例えばファクターが1.1となった場合、自分が実際に使っているチオ硫酸ナトリウムの濃度は0.0125×1.1mと、10%濃度が高くなってしまったことを意味している。ファクターを正確に求めていれば、理論値と実際の値がずれていてもかまわない事を理解する。 4. 㾱���"��{�ƺ�K��+*�qZ�]�q!�������Q��q6wj��s���%��N��"6ʋG%�D��-�Ăq���L 目標とした濃度に対して何倍程度になっているか endobj mol/Lはファクターを用いて真の濃度を表記する必要があるのです。, sakinsanさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog xڵVKn$!��)8�KQ$��u�LFi6��b��tw}��Ψ6-���� Z��}���� 0000001262 00000 n 0000009665 00000 n 例えばファクターが1.1となった場合、自分が実際に使っているチオ硫酸ナトリウムの濃度は0.0125×1.1Mと、10%濃度が高くなってしまったことを意味している。ファクターを正確に求めていれば、理論値と実際の値がずれていてもかまわない事を理解する。 4. (#HFx���@��N��e#�1C���I�ISd-п�k��nп�MJȢ���Y9����b&����Ӟ+E�ӞT���!i�S�!�����s�c�ye��_c\��2�����b�L��ϙ��_�8�,�}��,ϗ=Cb�n%�c��Ϳ2c�#½�WO{� 16 26 0000002503 00000 n }R/���d�"�رNЀ�J0þ" �D ��n Nr�:�H�IR�b endobj 1mo/L塩酸になるように調製したけれど、 xref <> 0000010080 00000 n ということを表しています。, そこで人が作った滴定液は標定※し、 endobj 85 0 obj �Kkn�*+�'�uo���q�R��ֲO�����C�\�od��6��' ��Ck��{D$pBwH�)e�J�k8�ʫ��д�ᪿp�}a+���0 ��U�iV3[���Ϯ��x�[�)��C��tH�d��� ���c��Nu�2#�eX2ˁN%;T `R�L��Yu޹W�x� �ʗ'3��'�!���l�̋��� endobj 0000006032 00000 n 0000006011 00000 n 0000001515 00000 n 0000002651 00000 n 0000008445 00000 n このfがファクターである。ファクターfの範囲はf=0.970~1.030の範囲にあるように標準液を調節しなければならない。 ファクターの求め方は次のとおりである。まず最初に同じモル数(a、b)で反応するときのファクターを求める。 aA+bB → cC+dD stream 0000148475 00000 n 表1 酸化還元滴定で用い られる酸化剤,還元剤の 例龍 酸化剤 還元剤 3 酸化還元滴定 18世紀半ば以降,様々な物質の酸化・還元に対する性 質が明らかになるにつ れ,その性質を利用した酸化還元滴 過マ ンガン酸カリウ ム KMnO4 ,ニ クロ ム酸カ リウム 3 0 obj 0000009479 00000 n 0000006134 00000 n %%EOF 0000003659 00000 n 正確には1mol/L✕1.01倍=1.01mol/Lです。 <<00D77D46D0CC254DBB37DB81F9EFA103>]>> 87 0 obj 0000066296 00000 n という分析のことです。, このとき滴定液である塩酸の濃度が正確に分かっていなければ、NaOH溶液の濃度も正確に求められないことがわかりますか?, したがって滴定液に用いるものは、 endobj 90 0 obj 鉛筆12本分を1ダースと呼ぶのと同じことですね。, 例えば2mol/L塩化ナトリウム溶液でれば、 <>/ProcSet[/PDF/Text]>> b�30]�*@�Z��aC)c�|!���3�1��> ��-kM��] ^İ��HGq1��#|���3,��tMNi& �0 ��)� endstream endobj 53 0 obj 183 endobj 16 0 obj << /Type /Page /Parent 11 0 R /Resources 17 0 R /Contents [ 23 0 R 27 0 R 29 0 R 31 0 R 35 0 R 37 0 R 41 0 R 43 0 R ] /MediaBox [ 0 0 595 842 ] /CropBox [ 42 81 553 761 ] /Rotate 0 >> endobj 17 0 obj << /ProcSet [ /PDF /Text ] /Font << /TT2 19 0 R /TT3 24 0 R /TT4 18 0 R /TT6 33 0 R /TT8 39 0 R >> /ExtGState << /GS1 48 0 R >> /ColorSpace << /Cs6 21 0 R >> >> endobj 18 0 obj << /Type /Font /Subtype /Type0 /BaseFont /HHNMJL+MS-PGothic /Encoding /90msp-RKSJ-H /DescendantFonts [ 51 0 R ] >> endobj 19 0 obj << /Type /Font /Subtype /TrueType /FirstChar 32 /LastChar 112 /Widths [ 278 0 0 0 0 0 0 0 333 333 0 584 0 0 278 278 556 556 556 556 556 556 556 556 556 556 0 0 0 584 0 556 0 667 667 722 0 0 0 0 722 278 0 0 556 0 722 778 0 0 0 667 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 556 0 0 0 0 278 556 0 0 0 0 222 833 556 556 556 ] /Encoding /WinAnsiEncoding /BaseFont /Arial /FontDescriptor 20 0 R >> endobj 20 0 obj << /Type /FontDescriptor /Ascent 905 /CapHeight 0 /Descent -211 /Flags 32 /FontBBox [ -665 -325 2000 1006 ] /FontName /Arial /ItalicAngle 0 /StemV 94 >> endobj 21 0 obj [ /ICCBased 49 0 R ] endobj 22 0 obj 870 endobj 23 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 22 0 R >> stream xref 正確な濃度をファクターを用いて表記する必要があるのです。, w/w%ではそこまでしなかったのに、 94 0 obj endobj 91 0 obj 0 ��:�A �J|�>%�x@� ��᥂0 ��Ǡ�j�^��NX%i�8�^ ����0���f�K5$�A��VXpR��U����>�b>C �N�BI[��5��.�CN���������xN�e�Θɚ�'%���9f�̉|���*܌DLLO(kЮ��]P��i%7F&iK��o2��'���%�hv��>D@��r̃3|{P��P��V��(���zE�'���23# ����#����JX���v��&���H�����k^V�Q�ޚL��|_��&. endstream endobj 17 0 obj > endobj 18 0 obj <> endobj 19 0 obj <>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text]/ExtGState<>>>/Type/Page>> endobj 20 0 obj <> endobj 21 0 obj <> endobj 22 0 obj <> endobj 23 0 obj [/ICCBased 33 0 R] endobj 24 0 obj <> endobj 25 0 obj <>stream 0000066580 00000 n 0000063619 00000 n 実際に溶液を作ったときの正確な濃度が、 NaCl溶液1L中にNaClが2mol分溶けています。, ファクターf 88 0 obj 0000010960 00000 n endobj 0000012247 00000 n endobj | 0000077094 00000 n 0000005056 00000 n x�c```��`҂��xXX���`D�@��"-#�e�B��2��+_�L�7y"�1�g��p�kk�{�K{HI�k�䤥='�n\�9tf�noᤥ��lV�N�IY���3U$���5��ɠ�=`.�5S+�B�Xջ�@�����d`X��9�X�]W^F�,�L-\ mol/Lではなぜファクターまで求める必要があるのでしょうか?, mol/Lは滴定による含量分析でよく使います。 H�b```f``������s�A�X��,-_�a`���6)bn��ɍ]�:� ��P. n:滴定に使用した硝酸銀溶液の濃度(0.05 mol/L) M:塩化ナトリウムの式量( = 58.44) 6.2 0.1mol/L硝酸銀溶液(滴定用溶液) ファクターが求められている市販品を用いてもよい。その場合、標定は行わず試薬瓶 に記載されているファクターを用いてもよい。 (a) 調製 0000077373 00000 n 89 0 obj 2 0 obj s�ʄ^�=�ef�jF�9m��q9Eۣ��Jy��)�h�pٜV~e�#. 「・・・滴定結果を表1に示す。滴定値は、3回分の滴定デ ータを算術平均することで得た。」 「・・・得られた滴定値を用いて、水酸化ナトリウムのファク タを次式のようにして求めた。」 【要点①】いろいろな決め方(評価方法)がある中で、本実 %���� 0000001536 00000 n <>/PageLayout/OneColumn/PageMode/UseNone/Pages 82 0 R/Type/Catalog/ViewerPreferences<>>> 0000076797 00000 n <>/DW 1000/FontDescriptor 91 0 R/Subtype/CIDFontType2/Type/Font/W[ 0 0 1000 17[ 629 629] 660 660 1000 674[ 1000 1000] 686[ 1000 1000] 781[ 1000 1000] 854 854 1000 887 887 1000 964 964 1000 985 985 1000 1000 1000 1000 1341 1341 1000 1356 1356 1000 1462 1462 1000 1580 1580 1000 1857 1857 1000 1881 1881 1000 1895 1895 1000 1999 1999 1000 2015 2015 1000 2159 2159 1000 2176 2176 1000 2228 2228 1000 2252 2252 1000 2286 2286 1000 2427 2427 1000 2637 2637 1000 2642 2642 1000 3108 3108 1000 3503 3503 1000 3592 3592 1000 3607 3607 1000 3661[ 1000 1000 1000] 3722 3722 1000 3816 3816 1000]>> endobj <> 86 0 obj 0000000015 00000 n 0000000646 00000 n 0000001218 00000 n 0000001326 00000 n 0000001618 00000 n 0000001687 00000 n 0000001821 00000 n 0000002530 00000 n 0000002760 00000 n 0000002910 00000 n 0000003121 00000 n 0000000923 00000 n trailer stream endstream 0000008507 00000 n 0000009002 00000 n ��k�����B�f?K�UtK�)�e���� �����&� 「滴定による含量分析」について説明すると、, 既知濃度の滴定液と未知濃度の試料を反応させ、 84 0 obj 0000012105 00000 n trailer 0000005077 00000 n 0000063541 00000 n 0000000016 00000 n 41 0 obj <>stream xڅRIj1��z�#ɖeAh7�/��@ ���!v/�h�S.U�$�8��P0��QM <<01B01B73AFBEC07A6E29556C89EBE0A5>]/Info 83 0 R/Prev 49313/Root 85 0 R/Size 96>> 0000001745 00000 n 0000011885 00000 n 0000002066 00000 n ‚¢B“H’èI“_‚É‹ß•t‚¢‚½‚çA­—Ê‚¸‚“H’è—p—n‰t‚ð‰Á‚¦AŠha‚µ‚Ä‚à’W‚¢ƒsƒ“ƒNF‚ªŽc‚é‚悤‚Å‚ ‚ê‚΁A‚»‚±, pH8.3〜pH10.0‚͈̔͂ł ‚éB‚±‚̃Aƒ‹ƒJƒŠó‘Ô‚Å‚Í‘å‹C’†‚ÌCO. endobj 表1 酸化還元滴定で用い られる酸化剤,還元剤の 例龍 酸化剤 還元剤 3 酸化還元滴定 18世紀半ば以降,様々な物質の酸化・還元に対する性 質が明らかになるにつ れ,その性質を利用した酸化還元滴 過マ ンガン酸カリウ ム KMnO4 ,ニ クロ ム酸カ リウム 式(2)の0.1の意味。 各数値の単位を書 … 0000007497 00000 n 0000007147 00000 n キムガウン この恋は初めて だから 5, 多読 アプリ 子供 5, ハートゴールド スズの塔 マップ 13, トヨタ 新型suv 2020 26, 堂本光一 ツイッター 柑奈 4, ジムニー 値引き ブログ 4, エミヤ カルデア Pixiv 小説 13, Hulu Suits 英語字幕 8, 付き合ってない 誕生日 食事 10, スクワット モテ る 43, フォール アウト 76 伝説武器 当たり 30, Ivcam Reinstall エラー 12, ストロベリーナイト 大塚 殉職 6, 男の子 名前 優 陽 ひなた 12, Torte 店舗 大阪 4, Skysea レジストリ 削除 6, Biotop 本田翼 ネックレス 5, 正義 象徴 花 8, 遊戯王 城之内 なんj 5, ドラクエ11 声優 Ps4 4, クリボー 遊戯王 かわいい 17, ラブライブサンシャイン フィギュア レビュー 17, ピクニック イギリス民謡 楽譜 14, ダイハツ ワンクレ 口コミ 42, ユニクロ 今田美桜 ワンピース 5, キムへイン 整形 目 22, 銀魂 興行収入 最終 5, Pubgモバイル 被弾 方向 6, ルーキーズ 映画 ロケ地 4, 佐藤健 亜人 髪型 4, " />
Home Media Room

Media Room

ファクター 滴定 考察 18


2020/9/5 18:13 (編集あり) ... レモン汁の中和滴定の考察について質問です。 ... 今回の質問はレポートに関することなのですが、実験で得た結果から求める濃度やファクターは 実験結果に付随する形で書けばよいのでしょうか? 0000002468 00000 n そこで人が作った滴定液は標定※し、 正確な濃度をファクターを用いて表記する必要があるのです。 ファクターfは次のように求めます。 f=実際の濃度/目標の濃度 ※標定とは 含量が保証された標準物質を使った滴定により、 正確な濃度を求めること ��b� ���~��Ɯ=�ڱw��ۃkt�7���9%�(D>�|��;$Yb��ι�^2�k2����9�1O��9^��v���`�v��L����8�-\J���[��������rXZ�)'��t��8k����B��|7^h��v����d��{έZz}ԛq�Ɉ�u:�Whm��&�hs &��}t��/���;���e�ʞ����B�(�"0��1���ad1 �ᱽ� i 0 0000062600 00000 n 1-5)滴定量とフタル酸水素カリウムの重量から、0.1m水酸化ナトリウム溶液のファクターを算出する。 2.硫酸濃度の測定 2-1)ホールピペットを用いて0.05M硫酸溶液を10mlを三角フラスコに移す。 反応終了までに加えた滴定液の量から、サンプルの濃度を算出する。 startxref 0000001343 00000 n 0000000831 00000 n %��c���/�j R(���>�Q,�|(N�;�۴��4��"JΛ4��ॺW���h/Bm��[n�4�_�i� /��C��T��O� ����`-�n�&��$ ��O�C� � I�/9J.��e�֋����%j�6d߈��. E���˦ɷ�F��'����~�?w?����u%����8E��vAb���k[W�dK�� �E�L��'C���ɾ�����ؓBG$v_γ� {����)U�t�|?���MSv5�t~�x��q%��|� 4�a�g|���7'�W��ѻ�����F?-�WJ�\�Y(Apd��]�u ��{��@�Wq4#K���k-Y�4h��QK�ț0�C����%����QB��m La[F! %%EOF 0000004387 00000 n @ <> trailer << /Size 54 /Info 12 0 R /Root 15 0 R /Prev 80374 /ID[<5b41c4402168803c1b5b0ff2dbb0c4c0>] >> startxref 0 %%EOF 15 0 obj << /Type /Catalog /Pages 11 0 R /Metadata 13 0 R /PageLabels 10 0 R >> endobj 52 0 obj << /S 111 /L 216 /Filter /FlateDecode /Length 53 0 R >> stream 0000007476 00000 n endobj 0000003814 00000 n 調製した標準液のファクターは 例:日本薬局方容量分析用標準液0.5 mol/L 塩酸 1000 ×標準物質の秤量値(g) 対応量(mg)×標準液の滴定量(mL) f = ・・ただし,プロ向けの計算式でお薦めしません 11 標定による標準液のファクター算出 指示薬 2) 間接法 %PDF-1.3 %���� ブログを報告する. 92 0 obj [ 750 750 278 278 355 556 556 889 667 191 333 333 389 584 278 333 278 278 556 556 556 556 556 556 556 556 556 556 278 278 584 584 584 556 1015 667 667 722 722 667 611 778 722 278 500 667 556 833 722 778 667 778 722 667 611 722 667 944 667 667 611 278 278 278 469 556 333 556 556 500 556 556 278 556 556 222 222 500 222 833 556 556 556 556 333 500 278 556 500 722 500 500 500 334 260 334 584 750 556 750 222 556 333 1000 556 556 333 1000 667 333 1000 750 611 750 750 222 222 333 333 350 556 1000 333 1000 500 333 944 750 500 667 278 333 556 556 556 556 260 556 333 737 370 556 584 333 737 552 400 549 333 333 333 576 537 333 333 333 365 556 834 834 834 611 667 667 667 667 667 667 1000 722 667 667 667 667 278 278 278 278 722 722 778 778 778 778 778 584 778 722 722 722 722 667 667 611 556 556 556 556 556 556 889 500 556 556 556 556 278 278 278 278 556 556 556 556 556 556 556 549 611 556 556 556 556 500 556 500] 0000010981 00000 n <> <> 0000002747 00000 n 0000001612 00000 n startxref 0000002471 00000 n 0000019696 00000 n 0000008753 00000 n 0000002690 00000 n 0000002336 00000 n 0000148770 00000 n 0000001147 00000 n H���K��F���}LS�~U�0oB��@X���fl��z���WK�y$�܂�Q����W�~���:O>:I�T\�D�ngSI�������>�7��О� _~y�8;w�w���m�3��s"v�2�� 0000009554 00000 n 0000006953 00000 n 0000004104 00000 n 84 12 %PDF-1.6 %���� 0000006057 00000 n <> 正確に濃度が分かっていなければならないので、 molは、分子の数をひとかたまりとして数えてる単位です。 {���B�A�= m�Z���r^T���ObT���ԑN2/�\� �,�I������(c#}�2DžrgG� *�������j��z��d�npLX�R�M^0��aW(�5ji��ynD���H ��x�RM�.�f� J�� 0000001928 00000 n 95 0 obj 0000008528 00000 n 分子6.02✕10^23個を1molとして扱います。 %PDF-1.4 93 0 obj endobj <> 0000001124 00000 n 0000001240 00000 n 0000002204 00000 n 0000004125 00000 n を表すための倍率, 例えば1mol/L塩酸(f=1.01)と表記されていたら、 endobj <> 0000009332 00000 n <>/ProcSet[/PDF/Text]>> 0000010059 00000 n endstream 14 0 obj << /Linearized 1 /O 16 /H [ 1240 296 ] /L 80782 /E 67617 /N 3 /T 80384 >> endobj xref 14 40 0000000016 00000 n 16 0 obj <> endobj 0000002711 00000 n <> 1 0 obj <> endobj stream 0000062316 00000 n 例えばファクターが1.1となった場合、自分が実際に使っているチオ硫酸ナトリウムの濃度は0.0125×1.1mと、10%濃度が高くなってしまったことを意味している。ファクターを正確に求めていれば、理論値と実際の値がずれていてもかまわない事を理解する。 4. 㾱���"��{�ƺ�K��+*�qZ�]�q!�������Q��q6wj��s���%��N��"6ʋG%�D��-�Ăq���L 目標とした濃度に対して何倍程度になっているか endobj mol/Lはファクターを用いて真の濃度を表記する必要があるのです。, sakinsanさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog xڵVKn$!��)8�KQ$��u�LFi6��b��tw}��Ψ6-���� Z��}���� 0000001262 00000 n 0000009665 00000 n 例えばファクターが1.1となった場合、自分が実際に使っているチオ硫酸ナトリウムの濃度は0.0125×1.1Mと、10%濃度が高くなってしまったことを意味している。ファクターを正確に求めていれば、理論値と実際の値がずれていてもかまわない事を理解する。 4. (#HFx���@��N��e#�1C���I�ISd-п�k��nп�MJȢ���Y9����b&����Ӟ+E�ӞT���!i�S�!�����s�c�ye��_c\��2�����b�L��ϙ��_�8�,�}��,ϗ=Cb�n%�c��Ϳ2c�#½�WO{� 16 26 0000002503 00000 n }R/���d�"�رNЀ�J0þ" �D ��n Nr�:�H�IR�b endobj 1mo/L塩酸になるように調製したけれど、 xref <> 0000010080 00000 n ということを表しています。, そこで人が作った滴定液は標定※し、 endobj 85 0 obj �Kkn�*+�'�uo���q�R��ֲO�����C�\�od��6��' ��Ck��{D$pBwH�)e�J�k8�ʫ��д�ᪿp�}a+���0 ��U�iV3[���Ϯ��x�[�)��C��tH�d��� ���c��Nu�2#�eX2ˁN%;T `R�L��Yu޹W�x� �ʗ'3��'�!���l�̋��� endobj 0000006032 00000 n 0000006011 00000 n 0000001515 00000 n 0000002651 00000 n 0000008445 00000 n このfがファクターである。ファクターfの範囲はf=0.970~1.030の範囲にあるように標準液を調節しなければならない。 ファクターの求め方は次のとおりである。まず最初に同じモル数(a、b)で反応するときのファクターを求める。 aA+bB → cC+dD stream 0000148475 00000 n 表1 酸化還元滴定で用い られる酸化剤,還元剤の 例龍 酸化剤 還元剤 3 酸化還元滴定 18世紀半ば以降,様々な物質の酸化・還元に対する性 質が明らかになるにつ れ,その性質を利用した酸化還元滴 過マ ンガン酸カリウ ム KMnO4 ,ニ クロ ム酸カ リウム 3 0 obj 0000009479 00000 n 0000006134 00000 n %%EOF 0000003659 00000 n 正確には1mol/L✕1.01倍=1.01mol/Lです。 <<00D77D46D0CC254DBB37DB81F9EFA103>]>> 87 0 obj 0000066296 00000 n という分析のことです。, このとき滴定液である塩酸の濃度が正確に分かっていなければ、NaOH溶液の濃度も正確に求められないことがわかりますか?, したがって滴定液に用いるものは、 endobj 90 0 obj 鉛筆12本分を1ダースと呼ぶのと同じことですね。, 例えば2mol/L塩化ナトリウム溶液でれば、 <>/ProcSet[/PDF/Text]>> b�30]�*@�Z��aC)c�|!���3�1��> ��-kM��] ^İ��HGq1��#|���3,��tMNi& �0 ��)� endstream endobj 53 0 obj 183 endobj 16 0 obj << /Type /Page /Parent 11 0 R /Resources 17 0 R /Contents [ 23 0 R 27 0 R 29 0 R 31 0 R 35 0 R 37 0 R 41 0 R 43 0 R ] /MediaBox [ 0 0 595 842 ] /CropBox [ 42 81 553 761 ] /Rotate 0 >> endobj 17 0 obj << /ProcSet [ /PDF /Text ] /Font << /TT2 19 0 R /TT3 24 0 R /TT4 18 0 R /TT6 33 0 R /TT8 39 0 R >> /ExtGState << /GS1 48 0 R >> /ColorSpace << /Cs6 21 0 R >> >> endobj 18 0 obj << /Type /Font /Subtype /Type0 /BaseFont /HHNMJL+MS-PGothic /Encoding /90msp-RKSJ-H /DescendantFonts [ 51 0 R ] >> endobj 19 0 obj << /Type /Font /Subtype /TrueType /FirstChar 32 /LastChar 112 /Widths [ 278 0 0 0 0 0 0 0 333 333 0 584 0 0 278 278 556 556 556 556 556 556 556 556 556 556 0 0 0 584 0 556 0 667 667 722 0 0 0 0 722 278 0 0 556 0 722 778 0 0 0 667 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 556 0 0 0 0 278 556 0 0 0 0 222 833 556 556 556 ] /Encoding /WinAnsiEncoding /BaseFont /Arial /FontDescriptor 20 0 R >> endobj 20 0 obj << /Type /FontDescriptor /Ascent 905 /CapHeight 0 /Descent -211 /Flags 32 /FontBBox [ -665 -325 2000 1006 ] /FontName /Arial /ItalicAngle 0 /StemV 94 >> endobj 21 0 obj [ /ICCBased 49 0 R ] endobj 22 0 obj 870 endobj 23 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 22 0 R >> stream xref 正確な濃度をファクターを用いて表記する必要があるのです。, w/w%ではそこまでしなかったのに、 94 0 obj endobj 91 0 obj 0 ��:�A �J|�>%�x@� ��᥂0 ��Ǡ�j�^��NX%i�8�^ ����0���f�K5$�A��VXpR��U����>�b>C �N�BI[��5��.�CN���������xN�e�Θɚ�'%���9f�̉|���*܌DLLO(kЮ��]P��i%7F&iK��o2��'���%�hv��>D@��r̃3|{P��P��V��(���zE�'���23# ����#����JX���v��&���H�����k^V�Q�ޚL��|_��&. endstream endobj 17 0 obj > endobj 18 0 obj <> endobj 19 0 obj <>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text]/ExtGState<>>>/Type/Page>> endobj 20 0 obj <> endobj 21 0 obj <> endobj 22 0 obj <> endobj 23 0 obj [/ICCBased 33 0 R] endobj 24 0 obj <> endobj 25 0 obj <>stream 0000066580 00000 n 0000063619 00000 n 実際に溶液を作ったときの正確な濃度が、 NaCl溶液1L中にNaClが2mol分溶けています。, ファクターf 88 0 obj 0000010960 00000 n endobj 0000012247 00000 n endobj | 0000077094 00000 n 0000005056 00000 n x�c```��`҂��xXX���`D�@��"-#�e�B��2��+_�L�7y"�1�g��p�kk�{�K{HI�k�䤥='�n\�9tf�noᤥ��lV�N�IY���3U$���5��ɠ�=`.�5S+�B�Xջ�@�����d`X��9�X�]W^F�,�L-\ mol/Lではなぜファクターまで求める必要があるのでしょうか?, mol/Lは滴定による含量分析でよく使います。 H�b```f``������s�A�X��,-_�a`���6)bn��ɍ]�:� ��P. n:滴定に使用した硝酸銀溶液の濃度(0.05 mol/L) M:塩化ナトリウムの式量( = 58.44) 6.2 0.1mol/L硝酸銀溶液(滴定用溶液) ファクターが求められている市販品を用いてもよい。その場合、標定は行わず試薬瓶 に記載されているファクターを用いてもよい。 (a) 調製 0000077373 00000 n 89 0 obj 2 0 obj s�ʄ^�=�ef�jF�9m��q9Eۣ��Jy��)�h�pٜV~e�#. 「・・・滴定結果を表1に示す。滴定値は、3回分の滴定デ ータを算術平均することで得た。」 「・・・得られた滴定値を用いて、水酸化ナトリウムのファク タを次式のようにして求めた。」 【要点①】いろいろな決め方(評価方法)がある中で、本実 %���� 0000001536 00000 n <>/PageLayout/OneColumn/PageMode/UseNone/Pages 82 0 R/Type/Catalog/ViewerPreferences<>>> 0000076797 00000 n <>/DW 1000/FontDescriptor 91 0 R/Subtype/CIDFontType2/Type/Font/W[ 0 0 1000 17[ 629 629] 660 660 1000 674[ 1000 1000] 686[ 1000 1000] 781[ 1000 1000] 854 854 1000 887 887 1000 964 964 1000 985 985 1000 1000 1000 1000 1341 1341 1000 1356 1356 1000 1462 1462 1000 1580 1580 1000 1857 1857 1000 1881 1881 1000 1895 1895 1000 1999 1999 1000 2015 2015 1000 2159 2159 1000 2176 2176 1000 2228 2228 1000 2252 2252 1000 2286 2286 1000 2427 2427 1000 2637 2637 1000 2642 2642 1000 3108 3108 1000 3503 3503 1000 3592 3592 1000 3607 3607 1000 3661[ 1000 1000 1000] 3722 3722 1000 3816 3816 1000]>> endobj <> 86 0 obj 0000000015 00000 n 0000000646 00000 n 0000001218 00000 n 0000001326 00000 n 0000001618 00000 n 0000001687 00000 n 0000001821 00000 n 0000002530 00000 n 0000002760 00000 n 0000002910 00000 n 0000003121 00000 n 0000000923 00000 n trailer stream endstream 0000008507 00000 n 0000009002 00000 n ��k�����B�f?K�UtK�)�e���� �����&� 「滴定による含量分析」について説明すると、, 既知濃度の滴定液と未知濃度の試料を反応させ、 84 0 obj 0000012105 00000 n trailer 0000005077 00000 n 0000063541 00000 n 0000000016 00000 n 41 0 obj <>stream xڅRIj1��z�#ɖeAh7�/��@ ���!v/�h�S.U�$�8��P0��QM <<01B01B73AFBEC07A6E29556C89EBE0A5>]/Info 83 0 R/Prev 49313/Root 85 0 R/Size 96>> 0000001745 00000 n 0000011885 00000 n 0000002066 00000 n ‚¢B“H’èI“_‚É‹ß•t‚¢‚½‚çA­—Ê‚¸‚“H’è—p—n‰t‚ð‰Á‚¦AŠha‚µ‚Ä‚à’W‚¢ƒsƒ“ƒNF‚ªŽc‚é‚悤‚Å‚ ‚ê‚΁A‚»‚±, pH8.3〜pH10.0‚͈̔͂ł ‚éB‚±‚̃Aƒ‹ƒJƒŠó‘Ô‚Å‚Í‘å‹C’†‚ÌCO. endobj 表1 酸化還元滴定で用い られる酸化剤,還元剤の 例龍 酸化剤 還元剤 3 酸化還元滴定 18世紀半ば以降,様々な物質の酸化・還元に対する性 質が明らかになるにつ れ,その性質を利用した酸化還元滴 過マ ンガン酸カリウ ム KMnO4 ,ニ クロ ム酸カ リウム 式(2)の0.1の意味。 各数値の単位を書 … 0000007497 00000 n 0000007147 00000 n

キムガウン この恋は初めて だから 5, 多読 アプリ 子供 5, ハートゴールド スズの塔 マップ 13, トヨタ 新型suv 2020 26, 堂本光一 ツイッター 柑奈 4, ジムニー 値引き ブログ 4, エミヤ カルデア Pixiv 小説 13, Hulu Suits 英語字幕 8, 付き合ってない 誕生日 食事 10, スクワット モテ る 43, フォール アウト 76 伝説武器 当たり 30, Ivcam Reinstall エラー 12, ストロベリーナイト 大塚 殉職 6, 男の子 名前 優 陽 ひなた 12, Torte 店舗 大阪 4, Skysea レジストリ 削除 6, Biotop 本田翼 ネックレス 5, 正義 象徴 花 8, 遊戯王 城之内 なんj 5, ドラクエ11 声優 Ps4 4, クリボー 遊戯王 かわいい 17, ラブライブサンシャイン フィギュア レビュー 17, ピクニック イギリス民謡 楽譜 14, ダイハツ ワンクレ 口コミ 42, ユニクロ 今田美桜 ワンピース 5, キムへイン 整形 目 22, 銀魂 興行収入 最終 5, Pubgモバイル 被弾 方向 6, ルーキーズ 映画 ロケ地 4, 佐藤健 亜人 髪型 4,


back to release list