内田真礼 壁紙 高画質 34, 撮り鉄 ツイッター まとめ 5, 酢酸 酸解離定数 文献 値 9, Ai 会話アプリ Pc 7, 沖ドキ パネル消灯 バケ 9, Braid 意味 釣り 36, 後頭部 ピリピリ スピリチュアル 17, 液体窒素 風船 理由 4, ギルティ~この恋は罪ですか ネタバレ 最終回 5, 理念 ビジョン ミッション 10, 山崎育三郎 似てる 女優 6, の づ ひで あき 中学 4, 稀勢の里 解説 上手い 18, しばたま 夫 死亡 37, 歯 漢字 成り立ち 5, レイアウト ソフト Mac 5, Rx300 Fスポーツ 見積もり 4, 福士蒼汰 自宅 場所 20, 離婚裁判 弁護士なし ブログ 6, 株式会社grow Agency 評判 7, 江越 ミート なんj 29, 研究者 資質 文系 8, 東邦高校野球部 部 員数 14, Adsr 取り扱い店舗 千葉 5, 松井秀喜 ワールドシリーズ 海外の反応 4, Windows10 マウスポインタ ずれる 39, 韓国 アイドル 身長サバ 7, 鬼滅の刃 壁紙 かわいい 22, 山下智久 身長 シークレットブーツ 4, 中田英寿 プレースタイル 似てる 19, ヨガインストラクター 資格 安い 4, 茶 おり Twitter 26, 伊藤 隼 也 健康 長寿 医療 センター 13, ニコル モデル 現在 4, Mother 1話 Pandora 15, Twitter 返信 表示 11, " />
Home Media Room

Media Room

カトケン 探偵物語 ホラー 5


- 加ト・けん・たけしの世紀末スペシャル!! ちな... ふぉぐです。 横から見るか?』は、よくわからないアニメ映画だった, 【ネタバレ感想】『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』は、感情に訴えかけるシーンが強めのサスペンス映画だった, 【ネタバレ感想】『フルートベール駅で』は、アメリカの抱える問題を映し出した社会派映画だった, 【ネタバレ感想】『孤独なふりした世界で』は、考えさせられる内容のヒューマンドラマ映画だった, 【ネタバレ感想】『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』は、面白さを感じないアドベンチャー映画だった, 【ネタバレ感想】『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』は、若干冗長なアドベンチャー映画だった, 【ネタバレ感想】『20世紀少年 第1章 終わりの始まり』は、サスペンス要素のある名作映画だった, 【ネタバレ感想】『劇場版総集編【後編】メイドインアビス 放浪する黄昏』は、エグい内容のアニメ映画だった, 【ネタバレ感想】『劇場版総集編【前編】メイドインアビス 旅立ちの夜明け』は、サクサクとみれる総集編アニメだった. tylercharlie6164. ちなみに、ネタバレ全開でレビ... 【ネタバレ感想】『ルパン三世 ハリマオの財宝を追え! ipadでイラストも書いています。ツイッター、Instagramフォローしてくれたら嬉しいです。. !」 - 沢田研二・志村けんのジュリけん - 志村けんのFIRST STAGE〜はじめの一歩〜 - 志村けんのFIRST STAGE - 志村けんの夜の虫 - 志村けんの美女対談, 鉄道員 - ロラックスおじさんの秘密の種(声の出演) - 映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!(声の出演) - キネマの神様(※出演辞退), テレビまるごと大集合 - クイズまるごと大集合 - 加トちゃんケンちゃん ファンタジーワールド - 史上空前!! - やったぜ!加トちゃん - 春秋のスペシャル決定版・テレビまるごと大集合 - クイズまるごと大集合 - 加トちゃんケンちゃん光子ちゃん - 加ト・けん・トシのクリスマススペシャルプレゼント - 笑って見ちゃおう!加トちゃん森口のスーパークリスマス - いつみ・加トちゃんのWA-ッと集まれ!! - 地元発信! 東京ジモティ - 歌のビッグファイト! 夏だし、岩井志麻子さんのおすすめホラー小説5選をご紹介するよ . ついさっき、『ルパン三世 ロシアより愛をこめて』をみたので、さっそくレビューしていきたいと思う。 - 志村笑! Xem 加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ 探偵物語#211 - Đinh Viết Lộc trên Dailymotion - 爆笑伝説!志村けんの変なおじさんVSネプチューン大決戦!! さて今回は暑い季節にぴったり、ただ怖いだけではなくて「怖いけど面白い!読むのがやめられない!」って思ったおすすめホラー小説をご紹介です。, まあ要は、「ただ怖いだけでなく小説としてしっかり面白い」ってことですね(・∀・*), 幽霊やお化けが怖いのか、人間が恐ろしいのか、奇妙な世界を体感させてくれるのか、はたまた原因不明の呪い的なものなのか。。。, ぜひ、いろいろな「怖さ」を味わってください。ちなみに、「実話怪談集」系の作品は抜いてあります。, 全部で計六話の物語が収められており、最終話で全てが繋がってゾクゾク!とする構成がお見事です。, 伏線を回収していく場面が多くあり、まるでミステリ小説を読んでいる時のような快感と恐怖を味わうことができます。, 小説ではなく実際には「実話怪談集」の部類ですが、小説のように楽しめます。そしてメチャ怖です。, 怖いというより「おぞましい」と言った方がいいかもしれません。こんな出来事が本当にあって良いのでしょうか。, シリーズの2作目ですがいきなりこれから読んでも問題ないので、純粋に怖い話がお好きであれば絶対に読んでください。, 著者がお化け屋敷プロデューサーということで、人の怖がらせ方を熟知している作品。そりゃ怖いですよ。, 27歳で悲惨な死を遂げた女流画家が残した「朱鷺飛来図」という絵を巡って繰り広げられるホラー。, 「暴落」「受難」「鼻」の三編からなるホラー短編集。どれも面白いですがやはり表題作の『鼻』がすごい。, 人間たちがテングとブタに分けられた世界。ブタに殺されるテングを救うために、「私」はブタへの転換手術を試みるが、、、。, また、人間の価値が全て株式市場によって決められる社会を描いた『暴落』の世界観もすごいです。, そして『受難』は、気がついたら狭くて汚いビルとビルの間に、手錠で繋がれて拘束されていた男の話です。, 人間たちは、テングとブタに二分されている。鼻を持つテングはブタに迫害され、殺され続けている。外科医の「私」は、テングたちを救うべく、違法とされるブタへの転換手術を決意する。, 定番にして名作。「玩具修理者」「酔歩する男」の二編からなる短編集です。どちらも逸材。, 「玩具修理者」は男女の会話を中心にゾクゾクする雰囲気を漂わせながら物語が進む。そしてシンプルに、ビシッと決まるラストが素晴らしいです。, そして「酔歩する男」の怖さ。幽霊とか殺人鬼とか、そういうレベルじゃないヤツです。精神的にやられます。, 玩具修理者は何でも直してくれる。独楽でも、凧でも、ラジコンカーでも…死んだ猫だって。壊れたものを一旦すべてバラバラにして、一瞬の掛け声とともに。, 『姑獲鳥の夏 (講談社文庫)』から始まる《百鬼夜行シリーズ》でお馴染みの京極夏彦さんによるホラーシリーズ。, ゾクゾクするホラー小説、というより幻想的で不思議な世界観の物語です。なので力まずに読めるし、なによりとっても面白い。, 表題作『夜市』は、弟と引き換えに「野球の才能」を手に入れた少年の物語です。月日は流れ、そのことを後悔した彼は弟を取り戻すため、再び夜市に訪れますが・・・。, もう一方の『風の古道』も、怖いというより「不思議な世界に迷い込んでしまった」という物語。, 何でも売っている不思議な市場「夜市」。幼いころ夜市に迷い込んだ祐司は、弟と引き換えに「野球選手の才能」を手に入れた。, 同じ1日を何度も繰り返すリプレイヤーを描いた表題作『秋の牢獄』を始め、とある家に迷い込み出られなくなった青年の物語『神家没落』、特殊な能力を持った祖母に囚われた少女を描いた『幻は夜に成長する』、の三編が収められています。, いずれも恐怖感は薄く、幻想的な雰囲気と世界観に酔いしれる不思議な物語。ぜひ恒川光太郎さんの世界観を堪能してみてください。, 十一月七日水曜日。女子大生の藍は秋のその一日を何度も繰り返している。何をしても、どこに行っても、朝になれば全てがリセットされ、再び十一月七日が始まる。, タイトルや表紙絵から「え?ホラーなの?」って感じですが、しっかりホラー。しかも泣けるホラー。, 表題作「かにみそ」は拾った蟹が人を食べ始めちゃうって展開なんですが……。まさかあんな展開だとは。ホラー小説でこの読後感はなかなか味わえません。, 全てに無気力な20代無職の「私」は、ある日海岸で小さな蟹を拾う。それはなんと人の言葉を話し、体の割に何でも食べる。, 妻を亡くしたホラー作家の主人公。娘と一緒に暮らしていたが、二人の周りで奇妙な出来事が起こり始める。, なんだか児童書のようなホラーですが、中身はしっかり怖いです。気持ち悪い系の怖さですね。, 文章も読みやすくサラッと読めてしまうのもおすすめポイント。ストーリー自体も面白いので楽しめます(*´艸`). ちなみに、ネタ... ふぉぐです。 - 加トちゃんのスーパー黄金伝説, 加藤茶のはじめての僕デス - RAP MIYO-CHAN - 加トちゃんのスキャットマン - 花は咲く, 桜井輝夫 - 小野ヤスシ - いかりや長介 - 高木ブー - 仲本工事 - 志村けん - 荒井注 - すわ親治, 渡辺プロダクション - イザワオフィス - 加トちゃんケンちゃん - こぶ茶バンド - ヒゲダンス - カトちゃんケンちゃん - タブー, ぎんぎら!ボンボン! ついさっき、『ルパン三世 炎の記憶〜TOKYO CRISIS〜』をみたので、さっそくレビューしていきたいと思う。... ふぉぐです。 - シャボン玉ボンボン - 8時だョ!全員集合 - ドリフ大爆笑 - 志村けんの失礼しまぁーす! ついさっき、『祈りの幕が下りる時』をみたので、さっそくレビューしていきたいと思う。 - 加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ - KATO&KENテレビバスターズ - 志村けんのだいじょうぶだぁ(レギュラー番組時代)- 志村けんはいかがでしょう - 志村けんのオレがナニしたのヨ? 横から見るか?』をみたので、さっそくレビューしていきたいと思う。 ホラー作家の「私」の元に読者の久保さんから、引越し先のマンションの部屋で変な音がする、という手紙が送られてくる。そして「私」と久保さんは調査を始めるのですが、、, これですよ。このジメジメしたゾクゾクする、後に残る怖さ。最高です。映画ももちろん怖かったですが、個人的にはやっぱり文章の方が深みがあって怖さ倍増。, 映画を観て「面白い!」と思った方はぜひ原作も読んでみてください。文章で読むと全く違う怖さが体験できるのです。, この家は、どこか可怪しい。転居したばかりの部屋で、何かが畳を擦る音が聞こえ、背後には気配が…。だから、人が居着かないのか。, どのお話も「怖い」のは共通しているのだけど、それぞれ味わいが違っていて非常に楽しめます。文章も読みやすくスッと物語の世界に入り込めるのも良いですね。, 表題作「私の骨」は、床下から発見された骨壷になぜか自分の生年月日か書いてあって、、、(σ゚д゚, 旧家に残る因習と悲しい親心を描いた表題作をはじめ、心の奥に潜む恐怖を通して人間の本質に迫る七編を収録したホラー短編集。, 表題作「ぼっけえ、きょうてえ」他、「密告箱」「あまぞわい」「依って件の如し」の4作を収めた短編集。, ちなみに「ぼっけえ、きょうてえ」とは方言で「とても、怖い」という意味。はい。まさにその通りでした(´д⊂), 岡山の遊郭で醜い女郎が客に自分の身の上を語り始める。間引き専業の産婆を母にもち、生まれた時から赤ん坊を殺す手伝いをしていた彼女の人生は、血と汚辱にまみれた地獄道だった…。, 貴志祐介さんのホラー小説の中でもトップの怖さ。「黒い家」ってなんか幽霊モノっぽいタイトルだけど、違います。, 生命保険会社で働く主人公が首吊り死体を発見、それからとんでもないことに巻き込まれていくんですけどね、、「結局人間が一番怖い」って思わせてくれる作品です。, 終始怖いですけど、特に終盤のハラハラドキドキ感は半端ないです。ほんと、追い詰められる人間の恐怖感、緊張感を描くのがお上手すぎる(,,゚Д゚), 若槻慎二は、生命保険会社の京都支社で保険金の支払い査定に忙殺されていた。ある日、顧客の家に呼び出され、期せずして子供の首吊り死体の第一発見者になってしまう。, アマゾン調査隊に参加して帰ってきた人々が次々に不審な死を遂げる。アマゾンで一体何が?ってことなんだけど、、, もう素晴らしいですね。ストーリー性も抜群に面白く、ホラーというジャンルを超えて純粋に小説として楽しませてくれます。, 北島早苗は、ホスピスで終末期医療に携わる精神科医。恋人で作家の高梨は、病的な死恐怖症だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人格が異様な変容を見せ、あれほど怖れていた『死』に魅せられたように、自殺してしまう。, 3連続貴志さん。面白いんだからしょうがない。目が覚めたら知らない土地で、いきなり生き残りを賭けたサバイバルゲームが始まります。, ゲーム設定も絶妙だし、テンポは良いし文章も読みやすいし、ハラハラしまくりのストーリー展開で一気読みせずにはいられないかと。, 火星の迷宮へようこそ。ゲームは開始された。死を賭した戦慄のゼロサムゲーム。一方的に送られてくるメッセージ。生き抜くためにどのアイテムを選ぶのか。, 特に「くだんのはは」は、ホラー好きなら絶対読んでおかなくちゃいけないくらい有名な名作。これだけでも読んでおきましょう。, 中でも特に面白かったのは「くだんのはは」「まめつま」「召集令状」「保護鳥」「骨」など。, 名作中の名作「くだんのはは」をはじめ、日本恐怖小説界に今なお絶大なる影響を与えつづけているホラー短編の金字塔。, 『ロートレック荘事件 (新潮文庫)』や『旅のラゴス (新潮文庫)』などでお馴染みの筒井康隆さんによる自選ホラー集。, 当然ながら良作揃い。ホラーでありながらバラエティに富んでいて色んな楽しさを味わえます。, 膨大な作品群の中から身も凍る怖さの逸品を著者自ら選び抜いた傑作ホラー小説集第一弾。, コンクリートを詰めの木枠の中で死んでいた作家・藤井陽造。その側には「メドゥサを見た」というメモが。, ミステリーのようでホラー。ホラーのようでミステリーな作品。ホラーとミステリーが丁度良い交わりです(´I `*), 「メドゥサを見た」と書き残し、自らを石像に封じこめた作家の死。そして頻発する怪異と怪死!死を呼ぶ禁句、それが「メドゥサ」…。, 古き因習が残る閉鎖的な村でおこる連続殺人。舞台はバッチリです。まあこのシリーズ、ホラーだけでなくミステリー小説として傑作なんですよ。お見事なんです。, ホラーとしてゾクッと、ミステリとして驚愕できる素晴らしい作品です。特にシリーズ三作目の『首無の如き祟るもの』がミステリ小説として最高に面白くて。, とにかくまず三作目までで良いので読んでみてほしいです。そしたらもう刀城言耶シリーズの虜になりますので。, 神々櫛村。谺呀治家と神櫛家、二つの旧家が微妙な関係で並び立ち、神隠しを始めとする無数の怪異に彩られた場所である。, フィクションだと思いますが、まるで実話のようなリアルさを感じる恐怖を描いております。, 三津田さんといえばミステリ+ホラーのイメージですが、この作品ではミステリを抜いた分、純粋にホラーを楽しめるようになっています。, 『十角館の殺人(講談社文庫)』など《館シリーズ》でお馴染み、綾辻行人さんによる学園ホラー。, とある中学校に転校してきたた榊原恒一。しかし何やらクラスの雰囲気がおかしい。そして呪われた三年三組を舞台に、クラスメイトたちが次々に不可解な死を遂げていく。, 読みやすさも抜群。それにミステリー要素もあって、最後までワクワクしながら楽しめました。アニメ版も非常に面白いですよ(*´ェ`*), 夜見山北中学三年三組に転校してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。, ドキュメンタリーホラーで、小野不由美さんの『残穢』に似た雰囲気があって読みやすく、怖いです。, そしてなんと、この物語は著者・加門七海さんの実体験が元になっているという。。ああ、おそろしや。, ホラー作家・鹿角南のもとに、旧友からメールが届く。ある廃墟で「肝試し」をしてから、奇妙な事が続いているというのだ。, ひたすらグロく気持ち悪いのに、「続きが読みたい!」って思わせてくれるストーリーの面白さ。この世界観が好きなら、ぜひシリーズを続けて読んでみてください。, 「弟を殺そう」―身長195cm、体重105kgという異形な巨体を持つ小学生の雷太。その暴力に脅える長兄の利一と次兄の祐太は、弟の殺害を計画した。, 30過ぎた引きこもりの兄とそれに悩む家族のお話、、と思いきやなかなかスケールの大きい物語。, ホラー感は少なめ、クトゥルフ神話っぽいというか、SFファンタジー小説とも言えるかも。でもホラー。, 東京郊外で両親と暮らす朋子は、三十歳過ぎの兄が何年も二階の自室にひきこもっていることに悩んでいた。, また、章ごとに視点が切り替わる構成がより一層面白くさせてますね。スピード感もありノンストップで読み切ってしまいました。, こういう理不尽ホラー大好きですわ。第22回日本ホラー小説大賞〈大賞〉受賞も納得ですよ(*ノ∪`*), 基本的に澤村伊智(さわむらいち)さんのホラー小説はどれも面白くて、①『ぼぎわんが、来る』②『ずうのめ人形』③『恐怖小説 キリカ』と続けて読んでいただきたい!, 幸せな新婚生活をおくっていた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘・知紗の名前であった。, 鬼女伝説が残る町に20年ぶりに帰郷した千鶴。大人になった幼なじみたちと再会するも、みんなの子供達が次々に殺されていく。。, 子とり鬼のわらべ歌と鬼女伝説が伝わる街・夜坂。夫を亡くし、娘と二十年ぶりに帰郷した千鶴は、幼なじみの娘が殺されたと聞かされる。, 京都という和風な舞台が余計に怖い3編からなる短編集。日本ならではの和の雰囲気と、京言葉での語り口が余計に不気味さを醸し出します。, どれも面白いですが、特に扇子職人の物語を描いた『呪扇』の狂い具合が最高。おばけ怖い系かと思いきや、まさかのグロテスクです。怖いというより痛いです。なのに!グイグイ読んでしまうんですよね〜。, お見世出しとは、京都の花街で修業を積んできた少女が舞妓としてデビューする晴れ舞台のこと。お見世出しの日を夢見て稽古に励む綾乃だったが、舞の稽古の時、師匠に「幸恵」という少女と問違われる。, 厳選してみて思ったのですが「短編集」の割合が非常に多いですね〜。一冊でいろんな恐怖体験ができるって素晴らしい!, ➡︎澤村伊智『恐怖小説 キリカ』感想。ああ、またホラー小説の傑作が誕生してしまった. 『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』(かトちゃんケンちゃん ごきげんテレビ)は、1986年1月11日から1992年3月28日までTBS系列で毎週土曜日20:00 - 20:54(JST)に放送されていたバラエティ番組で、加藤茶と志村けんの冠番組でもある。通称は「加トケン」また「ごきげんテレビ」。放送当時は「子どもに見せたくないテレビ番組」調査上位の常連であった。, メインキャストはザ・ドリフターズの加藤茶と志村けん。加藤と志村はそれ以前までも前番組の『8時だョ!全員集合』(以降『全員集合』)やフジテレビの『ドリフ大爆笑』においてコンビとして数多く活躍していたが、1985年9月に『全員集合』が16年間の歴史に幕を下ろした後、加藤と志村の2人を前面に出したいというTBSの意向により企画された。2人の絶妙なコントや掛け合いを押し出したロケーション中心によるギャグ要素のコメディドラマ、公開スタジオ収録でのホームビデオ紹介コーナーやプレゼントコーナーという構成であった。『全員集合』と異なり録画放送で、メインとなる前半部分はVTR収録である。特にホームビデオ紹介コーナーはテレビ番組史上初となる試みであり、番組フォーマットは国内のみならず世界各国に数多く輸出された(詳細は後述)。, 放送開始は1986年の1月11日と、当時としては改編期ではない中途半端な時期であったが、これは『全員集合』終了後3か月間の期間限定で、総集編番組『ドリフフェスティバル 全員集合ベスト100』をつなぎ番組として放送していたからである。そのため当番組は同年4月改編以降もそのままレギュラー化された。, 『全員集合』のライバル番組であったフジテレビの『オレたちひょうきん族』(以降『ひょうきん族』)は当番組の開始により視聴率が徐々に低下していき、同年暮に発生したビートたけしのフライデー襲撃事件がこれに追い打ちをかけて人気が急降下した。一方で、志村けんの人気上昇も相まって当番組の視聴率は上昇。その結果『ひょうきん族』は1989年に打ち切りに追い込まれ、『全員集合』が『ひょうきん族』に奪われた土8王者の座を当番組で奪還することとなった。これら一連の争いは土8戦争とまで呼ばれた。, 最高視聴率は1987年11月21日に記録された36.0%であるが、これは通常の番組内容を変更して加藤の結婚披露宴の模様を独占放送した回(加トちゃん結婚おめでとう)であった。この回では1977年9月26日以降の芸能・バラエティ部門でも歴代4位を記録している(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。通常放送回での最高視聴率は1987年9月5日放送回の29.6%[1]。6年間の平均視聴率は18.3%[2]。なお、番組開始当初『THE DETECTIVE STORY』(『探偵物語』)の中で食べ物を粗末に扱ったシーンがたびたび放送された結果、視聴者から抗議が相次ぎ、加藤と志村が番組の冒頭で謝罪、加藤が速度違反を犯し道路交通法違反で書類送検されたのを受け、番組冒頭に加藤が視聴者に謝罪するといった不祥事も発生したが、番組中断や打ち切りなどには至らなかった。, 志村がメインを務めるコントを軸としたバラエティ番組『志村けんのだいじょうぶだぁ』が、後にフジテレビで放送(企画制作はイザワオフィス)されることになるが、基になった『だいじょうぶだぁ』のギャグは、この番組の「THE DETECTIVE STORY」から生まれたものである。, 末期には他局も同時間帯で『マジカル頭脳パワー!

内田真礼 壁紙 高画質 34, 撮り鉄 ツイッター まとめ 5, 酢酸 酸解離定数 文献 値 9, Ai 会話アプリ Pc 7, 沖ドキ パネル消灯 バケ 9, Braid 意味 釣り 36, 後頭部 ピリピリ スピリチュアル 17, 液体窒素 風船 理由 4, ギルティ~この恋は罪ですか ネタバレ 最終回 5, 理念 ビジョン ミッション 10, 山崎育三郎 似てる 女優 6, の づ ひで あき 中学 4, 稀勢の里 解説 上手い 18, しばたま 夫 死亡 37, 歯 漢字 成り立ち 5, レイアウト ソフト Mac 5, Rx300 Fスポーツ 見積もり 4, 福士蒼汰 自宅 場所 20, 離婚裁判 弁護士なし ブログ 6, 株式会社grow Agency 評判 7, 江越 ミート なんj 29, 研究者 資質 文系 8, 東邦高校野球部 部 員数 14, Adsr 取り扱い店舗 千葉 5, 松井秀喜 ワールドシリーズ 海外の反応 4, Windows10 マウスポインタ ずれる 39, 韓国 アイドル 身長サバ 7, 鬼滅の刃 壁紙 かわいい 22, 山下智久 身長 シークレットブーツ 4, 中田英寿 プレースタイル 似てる 19, ヨガインストラクター 資格 安い 4, 茶 おり Twitter 26, 伊藤 隼 也 健康 長寿 医療 センター 13, ニコル モデル 現在 4, Mother 1話 Pandora 15, Twitter 返信 表示 11,


back to release list